プロフィール

フォトアルバム
親方さん

美味しいものと楽しい事が大好きなあなごやの大将です。日々あなごでなんか旨いもんないか探しています。
これからもよろしく。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2009年10月20日 (火)

おいしいじゃが芋が

北海道から到着しました。
今年のお芋さんもおいしく仕上がっています。

今年到着したお芋さんは、
北海小金 キタアカリ トヨシロというお芋さんたちです。

北海小金 キタアカリは、男爵系の芋で
トヨシロは、メークイン系のお芋です。が、
このトヨシロは、メークインのようにしっとり系ではなく
むしろホクホクの男爵系のようなお芋です。
今日は、おでんにいれたのとポテトサラダ(ゆず胡椒入り)にしました。

どちらもおいしいです。
あ、そうそうきょうの昼ごはんでフライにしましたがこれも本当に
おいしいです。コロッケにするのもこれならあまりなにもいれず芋と焼きアナゴだけで作ってもおいしいかもね。

とにかくまたおいしいものが韋駄天にやってきました。

2008年12月 6日 (土)

カラスミ

今年もおせち料理に入れるカラスミを作りました。

ボラの子を塩漬けにして酒で洗い酒に漬けて軽く塩抜きをします。
それから干します。

天日にかけて干すのですが、店では、ず~と天日にかけるわけが
いかず陰干しと天日干しを何日か繰り返しカラスミ色になるまで
少し硬くなるまで干します。

できあがったカラスミは、ちょうどいい塩加減でできあがります。
辛くなく美味しいあてに仕上がります。

削ってパスタにいれても美味しいです。

2008年6月16日 (月)

地方(じかた)のあなご入荷!!

今年もあの穴子が入荷しました。
そう地方(じかた)の穴子です。地方(じかた)の穴子?

この時期に沖合いではなく地方(地の方(ほう)であがる穴子のことです。
特長は、丸々肥えてふと短いあなごで脂がよくのって骨も柔らかく、皮も
柔らかいほんまに美味しい穴子です。

この穴子昔は、6月頃から10月くらいまであがっていたらしいのですが
今では、2ヶ月くらいしかあがらないらしいです。
漁師さんいわく、神戸は、埋め立てなどで山の土を海に入れ埋め立てしたため海の土壌がかわったのではないかな?って言ってました。

この穴子昨年漁師さんから教えられてつかっていますが本当に惚れ惚れするくらいいい穴子(美味しい)です。

皆さんこの時期だけの限定物です。(今年は、いつまで上げるかわかりません)是非食べに来てください。ほんまに食べな損しますよ。

2008年5月21日 (水)

明石産天然生昆布

昨日、昼網の魚を買いに市場に行ったら、魚屋のおやじが、
「ますたー明石の生の昆布があるねんけど買わへんか~」
「わかめやないで昆布やで~」
の声。私もオヤジも明石にも昆布ってはえているねんな~と
二人で顔を見合わせた。

ほかの店の大将たちは、ええわ。って言って買わず、ますたーコレ買うてえなー
って言われたので、まあ、ダシにでもなるしなんか考えるわと、その生昆布を
購入。

さて、どうしようかなと一切れきってコップに入れてお湯を注いでみた。
さあ、どうでしょう。みるみる内に昆布だしができました。

ものすごく旨い。ほどよくよい香りもしている。
なかなか面白いものである。

このまま保存は、できないので少しほしてみて残りは、冷凍しておかないと
いけないだろうな。

刻んでも干していないから柔らかく和え物にもつかえそうです。
という事でデジカメにとってみましたのでのせておきます

2008年4月 2日 (水)

これからが旬の筍

4月に入ってこの時期の旬のものである筍が(国産)が出始めた。
今は、熊本 徳島あたりのものが入荷してきている。
新しいものを早く湯がきあげて保存するのだが、まだ出始めの為少し
値段が高価なものになっている。

筍料理も結構色々ある。煮物(若竹煮、土佐煮、、、)揚げ物(天婦羅)
焼き物 和え物 酢の物などあ、そうそう新しければお造りもいける。

筍だけで会席風に作る事ができる。万能な野菜である。

小さい頃私は、筍があまり好きではなった。何故かというと?
筍はアクがきつい。筍には、アクであるシュウ酸という物質がある。
筍を湯がくときに米ぬかを入れるのはそのシュウ酸をとる作用が米ぬか
にはあるから湯がくときに一緒にいれるのです。

私がこの世界(料理人)になったときに初めてこの世界で筍を食べた時
なんと筍ってこんなに美味しい物なのだという事をしった。
アク?そんなものどこにあるの?そして柔らかい風味がとってもいい。
私は、この頃から筍のファンになりました。
1年にこの時期しか食べられない筍皆さんも美味しい筍をこの時期に是非
色々な料理としいて食べてみてください。

韋駄天でもこの旬の筍いっぱい使ってきます。
又、穴子と合わした料理も考えていきます。お楽しみに。

(筍という字は、旬と言う字の上に竹がのった字です。旬を代表するぐらい
旬には、かかせない日本の代表的なものなのでしょうね)

あなご屋 韋駄天 のサービス一覧

あなご屋 韋駄天