プロフィール

フォトアルバム
親方さん

美味しいものと楽しい事が大好きなあなごやの大将です。日々あなごでなんか旨いもんないか探しています。
これからもよろしく。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

信楽焼を求めて!!

信楽焼を求めていざ信楽へ。
実は私は、高校時代滋賀県にすんでいました。(前から言っていますが)
ですが、信楽には、まだ行った事がなかったのです。
信楽は、たぬきと器の町という事で一度は行ってみたいな~って思って
いました。そして、それが実現しました。

それは、なんかの話で第二名神ができて信楽まですぐにいけると言う事をしりました。そんなに早くいけるならちょっと行ってみたいな~と思い友人のしげやんに頼んで連れて行ってもらいました。(ほんまに早く行けるので!!でした。)

信楽に下りて道沿いにあるお店に何軒かみたのですが、今ひとつ興味のわく物がなくダメかな?って思っていました。
そして、ふと思い出した事があった。
私の弟の友人が信楽出身で連絡をとってもらい話しをしたら
内のお父さんの所に行ってみます?って言われて即行ってみることにした。

そしたらなんとその、お父さんが信楽焼では、とても有名な方でその陶房にお伺いしてとっても色々と教えていただきました。

そして、ギャラリーで器を拝見させていただいたら、もうそれは、それは、とってもいい器がごっそりたっぷりありものすごくいい思いをしました。
そこで、器を買うことができるのでよかったらと、お父さんが言ってくださいました。じょうだいより安くしていただけるというんです。

もう見る器、器がすごくよく、みていてあきません。ほんまに良い物は、飽きませんよね。
あれもよい、これもよいと迷い迷い8点の器をえらびました。(展示している中に永谷園のお茶漬けのCMで使われたお茶碗がありました)

この器に何を盛り コレにあれを盛といっぱい料理が広がるのです。

ほんとに楽しい時間をすごしました。結構良いお値段の器ですがそんなに高く感じないのです。これが価値というものでしょうね。

又、この器に美味しい料理を盛り込んで皆さんに楽しんでいただきたいと思います。
買った器も投稿しますので画像では、見難いですけど気に入った器です。

このお父さん、小川顕三さんという方で信楽焼では、とても有名な方です。
HPで一度検索してみてください。

http://www.ogawa-kenzo.com/

2008年5月21日 (水)

明石産天然生昆布

昨日、昼網の魚を買いに市場に行ったら、魚屋のおやじが、
「ますたー明石の生の昆布があるねんけど買わへんか~」
「わかめやないで昆布やで~」
の声。私もオヤジも明石にも昆布ってはえているねんな~と
二人で顔を見合わせた。

ほかの店の大将たちは、ええわ。って言って買わず、ますたーコレ買うてえなー
って言われたので、まあ、ダシにでもなるしなんか考えるわと、その生昆布を
購入。

さて、どうしようかなと一切れきってコップに入れてお湯を注いでみた。
さあ、どうでしょう。みるみる内に昆布だしができました。

ものすごく旨い。ほどよくよい香りもしている。
なかなか面白いものである。

このまま保存は、できないので少しほしてみて残りは、冷凍しておかないと
いけないだろうな。

刻んでも干していないから柔らかく和え物にもつかえそうです。
という事でデジカメにとってみましたのでのせておきます

2008年5月20日 (火)

皆さん有難う。

韋駄天には、「食べよう会」というメール会員さんがいる。
韋駄天で起こった出来事や、イベント、美味しい物のおしらせ
や、ますたーの独り言を送っているメール会員さんです。

その皆さんにこないだから食べよう会にメールを送っているのですが、送れている方とそうでない方がいて、おかしかったので今日どうにかしてメールを送ってみた。

「只今食べよう会の皆様にきちんとメールを送れない状態になっ
ているみたいななのです。申し訳ありませんがお手までなけれ
ばこのままメールを返信していただけないでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。  ますたー

の文面で送りました。
そのまま送って仕事をしていたのでどんな状態かわからなかったのですが
仕事を終えてメールを開いてみると、なんとたくさんの方が「メール届いているよ
元気でやってますか~、又行きますね。」の声が沢山あった。

本当に嬉しい事です。
こちらからメールを、送っても皆さんどんな風にみてくれているのかな~
あまり気にしてくれていないのかな~などと思っていたのですが、沢山の励ましや
きちんとみていてくれている事がとっても嬉しくありがたい気持ちになりました。

只今わけあって、皆さんにいっせいメールおくれませんが直れば皆さんにお知らせしたいと思います。

皆さんの声が韋駄天を大きくしてくれるのだな~って思いました。

2008年5月17日 (土)

京都長岡産孟宗竹

今日市場に行ったら八百屋のおっさんが「筍買え」って言われた。
みればこぶりで(30センチくらいは、あるけど)このまま焼き筍にしてみたら
美味しいかも?って思い購入。

筍に包丁で切り目を入れて直火でそのまま焼台の上に置きやきます。
皮ごし焼くので筍がちょうど皮の中で蒸し焼きにされるのです。

焼きあがった筍をわさび醤油で食べてもいいし塩で食べても美味しいそうです。
孟宗竹もそろそろ終わりです。最後に焼竹の子で食べては、いかがでしょうか?

あなご屋 韋駄天 のサービス一覧

あなご屋 韋駄天